発達障害を持つ中高生へのアプローチ勉強会

発達障がいといっても、子どもによって様々な困り感をもっています。その困り感を実際に体験し、その困り感に共感をしながら、かつ、バランスよく対応していくことの大切さを知って欲しいと考えています。

困り感によって、対応は様々ですが、今回は、特に中学・高校という思春期にさしかかり、親の言うことも聞き入れなくなってくる時期に、どのように対応するのが良いのか子どもの視点に立って一緒に考えたいと思います。

メールアドレス必須
メールアドレス(確認)必須
お名前(姓・名)必須